« わーい(^0^)/ | トップページ | 34! »

2009年10月30日 (金)

ダブルクロス THE3RD EDITION

公表してもOKという連絡が来たので皆様に報告します♪
Dx3

2010年2月に発売される、
ダブルクロスThe 3rd Editionリプレイ・デザイア①
著:加納正顕/F.E.A.R.
に、プレイヤーとして参加させてもらえる事になりました♪

皆さんはTRPGというのはご存知でしょうか?
TRPGとは「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」の略称です。
RPGというと、ドラクエやFFといったものが有名ですよね。
物語の進行に合わせて、敵を倒してレベルを上げたり、町の人と会話をして情報を収集し、物語を進めたりするゲーム。これらは、コンピュータで遊ぶので「コンピュータゲーム」です。
このコンピュータがやっていること(モンスターとのエンカウントや攻撃のヒット確率、ダメージ値に使う乱数調整とか)を、コンピュータとかゲーム機器の代わりにサイコロ、ルールブックを使って、仲間と一緒に遊ぶのが、テーブルでトークするRPG、TRPGなんですよ。
ルールブックに沿った世界観の中で自分が演じるキャラクターを作成して、司会進行役のGM(ゲームマスター)が作ったシナリオを、プレイヤー達が会話やサイコロで判定を行いながら物語を進め、時には戦闘し、シナリオをクリアしていきます。この一連の流れを、「セッション」と呼んだりします。

GMの作った舞台設定の上で、自分達の演じるキャラクターが会話をアドリブで進めて行きます。
こうやって、遊んだ会話や風景(セッション)を収録して、文章に書き起こしたものが「リプレイ」と言われるものなのです。

すっごくざっくりとした説明なので、詳しくは・・・ググってちょcatface

と長々と説明してきましたが、実はこのリプレイに出られると言うのは・・・私にとって凄く、凄く嬉しいのです!!

またまた長くなるのですが・・・
私は、ファンタジーが大好きです!
最初は・・・これが記憶がないのですがw気がついたら魔法や精霊、剣や鎧・・・そういった世界が大好きなんですねw
広島にいた時に、本屋で読んだ「フォーチュンクエスト」にはまって、お小遣いを削って買ってました。
それが・・・いつだったか・・・ソードワールドのリプレイ集を手に取ったのです。
これ以降、ソードワールドが大好きで、リプレイ・関連の小説をよみまくりました。
残念ながらw当時、私の近くにTRPGを一緒に遊ぶ仲間はいなかったので、もっぱらリプレイを読んで、ルールブックを確認、自分ならこんな風に動くなーとか考えてました。
スチャラ冒険隊やバブリーズの活躍に胸を躍らせてました♪

リプレイ参加しませんか・・・このお仕事を富士見書房さんから頂いた時・・・もう・・・最高の気分でした。
声優をやっていて、こういう関連のお仕事がくるとは夢に思わなかった・・・
憧れていたその舞台にたてるんです!

ふぅ・・・そんなこんなで気合の入った私なんですね^^;
ダブルクロスの世界は近未来です。
中世な感じで剣や魔法、精霊とかは出てこない感じです。
そんな私にリプレイができるのだろうか・・・悩んだッす><
でも、リプレイに出られる!そう思ったら・・・悩んでなんていられなーい!!w
資料で頂いた、リプレイを読んで、ルールブックを読む。
10面ダイスを20個買うww
自分で試しにキャラクターを作成してみる。
世界観や概念とかちょっと難しいので・・・他のリプレイ集を読んでみる。

リプレイの当日までなんとかこの世界を理解したい!
と思ってはじめたのですがw
気がついたら・・・ソードワルードと同様w
どっぷりダブルクロスの世界にはまってしまってました^^;

もちろん、まだまだ浅い知識なので
リプレイ収録当日は、GMの加納さんはもちろん、
プレイヤーで参加されている、ダブルクロスのデザイナー矢野さんに助けてもらいました。
そして同じプレイヤーの三田さんのキャラ設定やエフェクト(キャラクターの使える特殊技能)の決め方に驚愕したりw
合鴨さんの作り出す台詞に感嘆したり・・・・
人と人とが関わりあって生まれていく物語に、芝居作りのような感覚を覚えました♪

内容は、2月に発売される本編をお楽しみに!としか言えないのが残念ですけど、
私もがんばってリプレイしてます。

是非是非、お手にとっていただけると若林うれしいです。
そして、ダブルクロスで皆さんにTRPGの楽しさをしってもらえたら・・・最高に嬉しいです。
よろしくお願いします。

|

« わーい(^0^)/ | トップページ | 34! »